代官山 美容室 美容院

ヘアケアコラム

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

輝くような綺麗なロングヘアをつくる5つのポイント

「髪の毛を伸ばしたいけど、満足のいく長さになる前に傷んでしまう」という人も多いのではないでしょうか?
せっかく伸ばすのならツヤやハリのある綺麗いな状態で伸ばしたいですよね。

 

そこで今回は健康的な髪の毛を維持しながら綺麗いに伸ばすためのポイントをご紹介します。

 

 

伸ばすためにまずは美容室に

コラム9-1

「よし伸ばそう!」
と思っても、ベースのヘアスタイルが整っていなければに綺麗なロングヘアにはなりません。
まずは美容室に行って傷んだ毛先を切りましょう

 

そしてこの先伸ばしていくためにまとまりやすいようなヘアスタイルに整えるのが、綺麗なロングヘアにするコツです。

定期的に美容室に行きましょう

コラム9-2

 

よくやってしまいがちなのが、満足のいく長さになるまで伸ばしっぱなしにしてしまうということです。

これではせっかく伸ばしても、毛先が傷んでいたり途中でヘアスタイルがまとまらなくなり伸ばす意欲がなくなってしまうことも少なくありません。

 

1ヶ月半から2ヶ月に1度は美容室に行って、傷んだ毛先をカットしヘアスタイルを整えましょう。
そうすることで綺麗な状態で髪の毛を伸ばすことができます。

 

毛量もコントロールできるので、面倒くさがらずに美容室に行くことも大切です。

ドライヤーやコテなどの温度に気を付けて

コラム9-3

 

髪の毛は熱によってダメージを受けてしまいます

ドライヤーを使用するときは熱から髪の毛を守る効果のあるトリートメントを使用したり、乾かし過ぎたりしないようにしましょう。

 

またコテやアイロンは髪の毛を傷める大きな原因です。

どうしても、という場合以外はなるべく使用を避けることのも綺麗なロングヘアを作るコツです。

髪の毛を濡れたままにしない

コラム9-4

 

ドライヤーも当てすぎると髪の毛に負担がかかってしまいますが、お風呂上がりの髪の毛を濡れたまま放置しておく方が問題です。

髪の毛がゆっくり乾いていくことで、髪の毛の水分まで一緒に蒸発してしまいパサパサの仕上がりになってしまいます。

 

お風呂からあがりタオルドライしたらなるべく早く乾かすようにしましょう

トリートメントを使いましょう

コラム9-5

コンディショナーを使っているから、という人もいるでしょうが、トリートメントとコンディショナーは全く別のものです

 

毎日とは言いませんが、3日に1回ほどはトリートメントでスペシャルケアを行うことが大切です。

 

お風呂上がりにも洗い流さないトリートメントを使用するとより効果的です。

PAGE TOP

(C) ARC+ All Rights Reserved.