代官山 美容室 美容院

ヘアケアコラム

コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタイリング剤をしっかりオフして【ヘアケア&肌ケア】に

コラム6-1

パーティーや結婚式など華やかな場にお出かけする時は、ワックスやハードスプレーでヘアセットをします
よね。
またクセ毛や長い髪の方、パーマをかけている方はスタイリング剤が欠かせないことでしょう。

 

今回は「スタイリング剤をキレイにオフすることが、ヘアケアと肌ケアに繋がる」ということをお伝えします!

 

 

スタイリング剤の難点は…

コラム6

 

スタイリング剤で髪を固めてしまうと、シャンプーをしても泡立ちません
そのような状態で無理やり洗ってしまうと、髪のキューティクルが剥がれ髪のツヤが失われる原因になってしまいます。

 

さらに泡立ちが悪いことで頭皮がしっかり洗えなくなり、汚れや皮脂が溜まりやすくなります。すると皮膚炎や抜け毛となる可能性が上がります

 

また、一度のシャンプーでスタイリング剤が落ちないために二度シャンプーをする方も多いです。
二度シャンプーをすることで汚れが落ちやすくなりますが、三度以上洗うと髪が傷んでしまいます

 

ただし、市販されている洗浄力の強い高級なアルコールシャンプーや、石鹸シャンプーでは二度洗いは
避けるようにしましょう。

スタイリング剤はトリートメントやコンディショナーでオフ!

コラム6-3

 

一般的なシャンプーには、ワックスなどの油分を落とせるほど強い界面活性剤が使われていません

しかし同じスタイリング剤であるジェルは、水性のため一般的なシャンプーでも落ちやすいです。

 

一般的なシャンプーでは落ちにくい、ワックスなどのスタイリング剤を落とすための専用のシャンプーもあります。

 

しかし、そういったものを使わなくてもコンディショナーやトリートメントで簡単にスタイリング剤を
落とすことが出来ます

 

メイクを落とす時、クレンジングオイルなどを使用しますよね。
メイクの油をクレンジングオイルの油で落とすという、油で油を分解する仕組みがスタイリング剤と
コンディショナーにあります。

スタイリング剤の具体的なオフ方法は?

コラム6-4

 

シャンプー前にコンディショナーやトリートメントを使用しスタイリング剤を溶かし出すことが大切です。
お持ちのコンディショナーなどで一度、試してみて下さいね。

 

■シャンプー前にコンディショナーやトリートメントを髪に。
シャンプーする前にコンディショナーやトリートメントを髪にしっかりともみ込みましょう。

しかしコンディショナーなどをもみ込んでもスタイリング剤がオフ出来ていないと感じる場合は、
濡らしたタオルにコンディショナーなどをたっぷりしみ込ませます

 

そして、タオルを髪にもみ込んでしばらく置きましょう
髪がスタイリング剤で絡まらなくなったと感じたら、お湯でしっかりと洗い流します。
ここで洗い残しがあると、シャンプーの泡立ちが悪くなります。

 

■■シャンプーで頭皮をマッサージするように洗う。
シャンプーをしっかりと泡立てて、指の腹で頭皮をしっかりマッサージするように洗いましょう。
しっかり指の力を使うことで、固くなっている頭皮がほぐされて血の巡りが良くなります。顔色が明るくなり、リフトアップにも効果的です。
髪の毛先は、余った泡で軽く洗う程度で構いません。

 

■■■トリートメントを毛先中心に。
シャンプーの泡をしっかりと洗い流したら、普段どおりコンディショナーやトリートメントを毛先にもみ込み洗い流しましょう。
おでこや背中のニキビ予防のためにも、しっかり洗い流せているか確認を忘れずに

 

顔と頭皮の皮膚は繋がっているため、頭皮ケアをすることで肌にも良い影響を与えてくれます。
ヘアケアと肌ケアのためにも、スタイリング剤をきちんとオフしましょう!

PAGE TOP

(C) ARC+ All Rights Reserved.